賃貸物件が借りやすい|マンション管理会社の良し悪しはランキングサイトをチェックしよう

マンション管理会社の良し悪しはランキングサイトをチェックしよう

賃貸物件が借りやすい

女性

有料で保証人をお願いする

賃貸不動産業界で需要が伸びているサービスとして保証人不要物件が今、人気になっています。賃貸では通常、連帯保証人が必要でしたが、あまり評判がよくなかったこの制度のほかに、賃貸保証会社による保証代行サービスも選択出来るように制度拡充が行われました。現在では賃貸物件の半数以上の契約で賃貸保証会社によるサービスが利用されています。保証手数料として契約時に「家賃の何割」や「定額」といった料金設定になっている契約金を支払い契約を締結します。賃貸保証会社を利用する事で、従来の連帯保証人による信用保証の省略化や賃貸不動産経営の円滑化がはかられ、賃貸契約にかかる貸主と借主の双方にメリットが得られるサービス内容となっています。

現代社会に合う仕組み

賃貸保証会社の保証代行は当初、家主側のリスク保険的な意味合いが強いサービスでした。近頃では賃貸不動産で家主と借主による家賃の滞納や修繕費不払いなどの費用トラブルが増加傾向にあります。従来の連帯保証人制度では、保証人に支払い能力がなく家主側が泣き寝入りする事例が多くなってきています。この為、家主のリスクを軽減させる理由で賃貸保証会社による有料保証サービスが始まりました。賃貸保証会社による保証代行は、人とのつながりをあまり好まない現代社会で、借主にとっても自分の連帯保証人を用意する必要がなくなる利点が支持され、借主にも支持されるサービスとなりました。まだ、比較的新しいサービスですが、現在では賃貸不動産契約で重要な役割を担うサービスとなっています。